翳りゆく楽園を、未来への周遊券を握りしめて、蒼井優と旅する。

本の評論なんか書く気にならないし、本の推薦も世に溢れているのでつまらない。そういう「本」が前面にパワープッシュされるものが嫌になってきた。それよりも、小さな会話のなかにアドリブで登場してくる本のほうが愛しい。本なんかに囚われて生きていると、本を生かしきれない。

翳りゆく楽園を、未来への周遊券を握りしめながら、蒼井優と旅していると、そんなふうに思った。ブログにわざわざ載せるんだから、面白かったにちがいない。そう察してくれよ。とだけ言い残して、また旅に出ます。

コメント
コメントする