channel0053: 第3回「環境NGO虔十の会坂田昌子さんと語る自然と気分の話」



2010年12月にしてきなしごとで始めたUstream「channel0053」。28日に配信した第2回には、松本市からほど近い朝日村にある自家焙煎珈琲店「カフェシュトラッセ」のマスターが出演。コーヒー講座とその哲学を話してくれました。ネット上にあがっているアーカイブはおかげさまでじわじわと視聴者数が増えています。

そして、2011年1月7日、第3回を生放送しました。ゲストは、高尾山でツリーハウスを通して山と森の心地よさや楽しさを伝える活動を続けている環境NGO「虔十の会」代表の坂田昌子さん。ぼくと坂田さんとの出会いは5年前。ちょうどツリーハウスが完成した年に高尾山を訪ね、意気投合。NGOの広告制作に始まり、昨年からは「八王子古本まつり」も一緒に作っています。

1時間半のトーク。高尾山の自然の豊かさについて話しながら、原風景のこと、都市とローカルのこと、心地よさのこと、気分のことなど、ぼくらが日々生きる上での本質を探るようなテーマも出てきました。ちょっと長いけれど、ぜひ全編ご覧いただきたいです。

この日はもう一人、ブックパッカーのアンテナサイトのお客さんで、生まれも育ちも松本の青年・前田一樹くんも一緒に出演しました。「channel0053」はこれから、有名無名にかかわらず、むしろ「何でもない人」のほうにやや注目して、松本の「何でもないごく普通の人」を紹介したいと思っています。みんなの実感を、標高700メートルの里山から配信する。一年を通して続けていったとき、きっと楽しいプロジェクトになっている気がします。一緒に付き合ってもらえたら嬉しいです。

コメント
コメントする