京都で初めてのブックパッカーを開催しました。







2月26日土曜日、ブックパッカーは京都にいました。目的はただひとつ。“ほんの小さな集まり”ブックパッカーを開催するため。京都はもちろん、関西エリアでも初めてとなる今回。京都だけでなく、大阪、奈良、兵庫、石川とさまざまな地域から、定員ぴったりの参加者10名が集まってくれました。2時間と少し、元銭湯のカフェ「さらさ西陣」で語られた“ほんの”お話。いずれウェブサイトにまとめたいと思います。

今回の開催に合わせて、24日から27日まで4日間、京都に滞在しました。書店やカフェ、ソーシャルスペースをまわり、またその道中、たくさんの人と会って、いくつかの話を交わしました。そのなかには「ここをブックパッカーの会場にぜひ」とか「知っていたら参加したかったー!」という声も。小さくもじわりじわり広がることを大事にしたいブックパッカーは、必然的な縁のまだ生まれていない土地にはなかなか出張できません。その土地に暮らす人がブックパッカーに興味をもってもらえて初めて、その土地に足を運ぶことができます。初開催にもかかわらず、定員いっぱいの参加者が集まり語ってくれたことと同時に、さらに関心を抱いてくれる人たちの存在を感じられたことも、今回の京都ブックパッカーの大きな収穫でした。

ということで。これから、ブックパッカーは、関西エリアにたびたび旅します!「ここに来てくれー!」というラブコールも待っています。そしてただ今すでにラブコールをいただいている石川県、そして新潟県の方々、そちらにも伺うつもりでいるので、待っていてください。





コメント
コメントする