ほんの行事 第2回
渡辺治登さんの木彫りの地蔵展 「はるとはるとさん」





4月2日土曜日から4月16日土曜日まで2週間、ブックパッカーのアンテナサイトで、ほんの行事の第2回として、渡辺治登さんの木彫りの地蔵展「はるとはるとさん」を開催します。一年間、あたためてきた、この企画。ぜひ皆さんに足を運んでいただきたいと思っています。

- - -

渡辺治登さんは、生まれも育ちも松本市里山辺、御年73歳のおじいさん。子ども時代は山辺の「お山の大将」として、彼が歩くと後ろには子分の子どもたちが列をなしたとか。高校の体育教師となった後も、治登さんはあちこちと衝突、決して自分を曲げませんでした。教職を退いたいま、畑を耕しながら、地蔵を彫っています。

ぼくが治登さんと出会ったのは、2010年の春。散歩の途中、神社の下草刈りに精を出すおじいさんに出会いました。それが治登さん。声をかけると、神社のこと、山辺のことからはじまり、自らの幼少期やその後の人生の紆余曲折を話してくれたのです。威勢がよくて、屈強な体つき、それでいてどこかチャーミング。神社の立ち話の最後、「おれ、地蔵彫ってんだよ」という言葉に、「ぜひ見せてください!」。

数ヶ月後、彼の家で見せてもらった地蔵。これがまた、キュートで、優しくて、神秘的なのです。人生の歩みかたやありかたの豪快な治登さんの手からつくり出される、キュートな地蔵たち。こんな素敵な人、みんなに紹介しなければ。この企画は、そうして始まりました。

- - -

展覧会の最終日には、治登さんのお話を直接聞ける場も作りました。松本市に暮らすひとたちにとっては「松本の今昔」を知る、ローカルでのコミュニケーションに関心のある都会人にも絶好の機会です。なによりも、日本の小さな集落に、名もなきひとの声があることを知っていただきたい。それはきっと、現代を生きるひとのありかたを見直すチャンスになる。そう、ぼくは感じています。

みなさんのお越しをお待ちしています。




ほんの行事 第2回
はるとはるとさん 〜渡辺治登さん 木彫りの地蔵展〜

日程: 2011年4月2日(土)〜 4月16日(土)11:00〜17:00
    来場無料 申込不要

会場: ブックパッカーのアンテナサイト(MAP
    長野県松本市里山辺3338-1 info@bookpacker.org



[Talk] 茶でも飲みつつゆるり語るの会 with はるとさん

日時: 2011年4月16日(土)14:00〜15:00
会場: ブックパッカーのアンテナサイト
料金: 500円(お茶付)
申込: 以下の事項をinfo@bookpacker.orgまでお送りください。
    氏名/メールアドレス/電話番号/住所/
    年齢/性別/お仕事(差し支えない範囲で)





コメント
コメントする