語り合う世界

高校の頃まで、ゆくゆくは日本を離れよう、と思っていた自分のことを、思い出す。
ちょうどそんなときに、3週間過ごしたオーストラリアで、その思いは逆転する。
この国のこの街の心地よさは、ここに暮らすひとたちが作り上げたものだと気づいたから。
その場所の時間や空間が心地いいと感じたぼくがすべきことは、移住ではなかった。
いま自分が暮らす場所を心地よくしていく。10代の半ば、その視座をもった。

あの日、新しい鳥のさえずりを聴いて目を覚ましてから、10年が経っている。
この10年間、上の理由から、海外に、ぼくは一切興味をもってこなかった。
10年後の夏の終わり、ぼくは猛烈に、海外に惹かれている。
放射能が怖いから、ではない。

ぼくを含めた日本人の「コミュニケーション」に対する解釈・姿勢について、
ぼくの感性が、強く違和感を発しているからだ。
語り合うことの意味を、失念している、あるいは初めから知らない(不要?)人々なのではないか。
世界的にみても、この状態は、ここだけ、ぼくらだけなのではないか。

もしかしたら、ぼくは、隣の庭に憧れているだけかもしれない。
ぼくはそのとき、自分の誤りを真摯に認めなければならない。
しかしもしこの違和感が、この国独自がもつ現象に起因するもので、かつ病巣であれば....。
どちらにしろ、それを考える上で、見聞を広める機会が必要なんだと思っている。


世界が、もう語り合うことを止めてしまっているのか。
それとも、この島国だけのことなのか。
ぼくの違和感は、思い込みの激しい、かぶれた阿呆な青年の感傷なのか。
いや、生命体が本来もちうる当然の危機感なのか。
ぼくはそれを確かめたい。


コメント
どうもどうも、こんにちは。
私は今、初めて海外に住みながら、
毎日違う国の人たちと会うような生活をしているよ。
「コミュニケーション」って、待っていてもやってこないんだよねぇ
改めて実感しているよ。
あと、言葉に自分がどれだけ密着しているか、っていうことも
考えるようになったよ。

ゴウさんの「違和感」って何だろう??
今自分が感じているものとつながるかしら。

以前に「ぼくの周りには国際協力活動みたいに海外に関心がある人が多いけど、ぼく自身は海外のことは(やらなくて)いいと思っているから、やらない」って言っていたのが印象的だったから、この記事にも強く惹かれたよ。
  • eri
  • 2011/09/24 7:49 AM
コメントする