10月9日(日)15:00〜18:00
いしだ壱成 カフェトーク “本心を語るということ”



第5回八王子古本まつりのテーマは「物語る」。歴史も、自然も、街も、文化も、そのときその場所で生きるひとの存在も、どれも「物語る」ことによって、後世に、あるいはより外の世界へと伝わってゆきます。そんなひとの「物語る」力をもう一度確かめたい、大事にしたいと、このテーマが決まりました。

八王子古本まつりのパフォーマンスプログラムのひとつ・カフェトークでは、毎回このテーマをあらゆる角度から語れるよう、さまざまなゲストをお招きしています。生物学者の本川達雄さん、作家の三浦しをんさん、食文化研究家の魚柄仁之助さん。そして今回は、俳優のいしだ壱成さんがゲストです。

ドラマ『未成年』や『ひとつ屋根の下』で人気を博したいしだ壱成さん。最近では舞台やアジアエンターテイメント界に数多く出演。また、ミュージシャンやDJとしても活躍されています。そんないしださんは、東日本大震災直前の3月6日、自身のブログに「今だからみんなで考えたいこと」と題して、幼少期に母親と環境保護運動に参加したこと、そのときの社会に対する違和感などを真摯に綴り、話題に。ぼくを含め、八王子古本まつりの実行委員たちも、いしださんの「語ることへの決意の強さ」を感じ、ぜひ話を伺いたいと、今回の場を企画しました。原発事故についても当然話題として触れると思います。が、できれば原発事故のみに執着した話ではなく、それを含めたもう少し広義の話、まさにプログラムのタイトルである「本心を語るということ」の重要性や価値について、言及できたらと思っています。

参加枠はまだあります。当日の司会進行役は、高尾山の環境保護を長らく続けている環境NGO虔十の会代表の坂田昌子さん、そしてぼくも同席します。またいしださんとプログラムのなかでお話することもできると思いますので、ぜひご参加ください。


- - - - - - - - - - - - - -

八王子古本まつり第5回  boiling"talk"point
いしだ壱成 カフェトーク “本心を語るということ”


「本当のことを語れ」といわれたとき、わたしたちは
「何が本当か」という問いが胸にチラついて、言葉がつまり、声が出なくなります。
では、「本心」ならどうでしょう?本心なら、自分が見失わない限り、わかるはず。
しかしいま、わたしたちはその本心すら、忘れつつあるのかもしれません。

俳優でありミュージシャンでもあるいしだ壱成さんは、
舞台をとおしてだけでなく、一個人としても、心のままに語りつづけています。
人生のこと、仕事のこと、いまこの国で暮らすということ。
年明けから大小さまざまな出来事が起こりつづけている2011年の日本で、
壱成さんの声に耳を傾けながら、自らの本心をいま一度探してみてください。


◎日時:
2011年10月9日(日)15:00〜18:00

◎会場:
喫茶「憩」
八王子市三崎町2-10(八王子駅北口徒歩3分)

◎料金:
1,500円+1order

◎定員:
先着40名

◎申込:
「お名前」「人数」「メールアドレス」をご明記の上、以下へお申込ください。
  宛先:info@hachiojiusedbookfestival.com(@マークを小文字に変換)

    


コメント
コメントする