だれでも楽しい映画会2011
アカデミー賞受賞作『英国王のスピーチ』上映






立教大学ボランティアセンターが主催するバリアフリー上映会。2009年から当センターが始めたこの企画。当時「バリアフリー上映会」というと、その大半が「しょうがいしゃ対象」のイベントであり、なおかつ上映映画もドキュメンタリーやしょうがいそのものをテーマにした映画であることが多かった。活動を通じて、しょうがい当事者と多く接していたセンターは、当事者たちが当然に抱く「みんなが観ている数多の映画を、みんなといっしょに、当然に観たい」という思いに気づき、こうした企画をスタートする。企画がスタートしてから3年目。第1回から広告を作っているので、活動が順調に続き、絶えず学生や市民団体がかかわっている姿が嬉しい。

吃音とその過去や期待に悩む英国王を題材にした映画を上映する、そのチョイスも、本企画のメッセージやスタイルに見合っていて、絶妙だと思う。アカデミー賞を受賞した本作。「イギリスのユニオンジャックなんかを取り入れてくれたら」との要望に応えて、ユニオンジャックの柄を一度解体し、パーツを組み合わせて、イベントタイトルを作った。

開催は、12月11日。当日は手話通訳や文字通訳、音声ガイドなどのバリアフリー対応がある。もちろん、健常者も参加できる。というより、そうしたバリアフリーツールを通常知らない健常者こそ、映画を観がてらのこの企画に行く価値は大きい。お近くの方はぜひ。


アカデミー賞受賞『英国王のスピーチ』上映
だれでも楽しい映画会2011
日時:2011年12月11日(日)13:00開場 13:30〜16:30
会場:立教大学新座キャンパス8号館N8B1教室
詳細:link



コメント
コメントする