立教大学の東日本大震災復興支援
活動ロゴマーク・ビブス・フライヤー


活動ロゴマーク


ビブス


ボランティア相談会フライヤーに掲載したテキスト


立教大学東日本大震災復興支援本部講演会フライヤー



3月11日の東日本大震災を受けて、立教大学は夏頃から正式に復興支援プロジェクトをスタートさせました。毎年岩手県陸前高田市で学生対象の林業体験プログラムを地元の人たちと開催しつづけていたこともあり、震災後、学生たちからの現地ボランティア参加への声は大きいものでした。また、大学としてもどのような支援活動が可能か、職員が先行して現地に入り需要を調査するなど、積極的な動きが見られました。この仕事に携わらせていただいたのは、今年の夏頃。話は震災直後から聞いていて、諸々の調整が済み、実際の制作がはじまりました。

デザインしたのは、現地入りする学生ボランティアが身につけるビブスと、そのロゴマーク。被災地には「ふたたび羽ばたいてほしい」という願いを、ボランティアする学生には「支援活動を通して視野を広く学んでほしい」という思いを込めて、「陸前高田(Rikuzen-takata)」「立教大学(Rikkyo University)」「復興(Reconstruction)」に共通する頭文字「R」を「鳥」のフォルムにデザイン。また現地での活動開始に先行して開催されたボランティア相談会や講演会のフライヤーデザイン、テキストの執筆も行ないました。

学生たちや教職員が実際に活動しているさまやその報告は、立教大学の各ウェブサイトにて閲覧できます。


立教大学東日本大震災復興支援本部

夏季陸前高田支援ボランティアの様子

asahi.com 立教ジャーナル2011「学生自らが考え、行動するボランティア」



コメント
コメントする